2009年個展−中空− 終了 
2009年個展−中空−が終了しました。
お越し頂いた方、誠にありがとうございました。

今回個展の出品作品の構成は、
前回個展に出した、以前の傾向を引く作品に、
新しい試みの作品が加わったものでした。
以前の傾向を引く作品とは、
「中空−花粉−」や「中空−孔雀−」です。
中心の円の表現は、どちらかというとぽっかり開いた"穴"に見え、
円の周りの表現は、流動的な絵の具自体の物質感を強調しています。
それに対して新しい試みの作品は、
「中空−黄昏−」や「中空−金斗雲−」、「中空−月夜−」で、
中心の円はより立体的な球に見え、
円の周りの表現も、"雲"や"水"を連想させる流体の立体感を強調しています。

どちらの傾向の作品が良いのかは、人によって様々でした。
以前の傾向を引く作品のほうが、
絵の中での諸要素の葛藤や混沌があり、
平面的な円が違和感を持って見えて面白いという方もいました。
逆に、新しい試みの作品のほうが、
コンセプトがわかりやすく、軽快で、
錯覚で球に見える円の表現が面白いという方もいました。

それぞれのお話に示唆を多く頂きましたが、
特に興味を引かれたのは、
以前の傾向を引く作品のほうが現代的だという方と、
新しい試みの作品のほうが現代的だという方と、
両方いらっしゃったことです。

これから私が探求していく表現の幅が大きいことを確認できたこと、
それが今回の個展の収穫です。