2014年個展−中空− 終了 
2014年の個展が終了しました
ご多用中のところお越しいただいた皆さまに、心から感謝いたします。
 
今回の個展作品は描き方を大きく変えたため、非常に心もとない感がありました。
ですが個展をご覧になられた方から好意的なお話を多くいただき、まずは励まされています。
 
個展が終了して、開放的な“おわっったぁ……”感がいつもはもっとあるのですが、今回はさほどありません。
達成感がないというのではなくて、これからやらなくてはいけない課題の多さを感じているからです。
今までどちらかというと絵の具の流動感の方に意識がありましたが、今回は明らかに円の“中空”の方に移りました。
わたしの絵のテーマは“中空”にこそあり、もっと正対すべしという、考えて見れば当たり前の課題が明確化したように思います。
今まで十分焦点化出来なかったその“中空”というテーマが、目の前に山のように大きく鎮座しているのを感じています。
 
とりあえずは、ひるまず描いていきたいです。
次のなびす画廊での個展は、来年9月下旬から10月上旬を予定しています。